読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『この世界の片隅に』の感想

自分なりに、なんでこんなに胸が締め付けられたのか思い出してみました。
すずちゃんは作品の主人公になるだけあって、とても魅力的な人間です*1。この人は私のような人間からした特に主体性もなくただ流されるように生きて、そうした日々のなかで幸せを拾い取って生きています。「この世界の片隅に、うちを見つけくれてありがとう」という言葉には、そんなすずの一面が端的に表されている気がします。
この、北條すずという人は特段強くもありません、超然とも逞しくも神々しくもありません。つよい女性ヒロインではないんじゃないでしょうか。少なくとも尊いような存在でもなければヒーロや憧れのヒロインでもありません。
そもそも、この作品にはほとんど強く逞しく人が出てきません。でも、弱い人達の話かというと、そういうわけではありません。それはちょっと違う。
じゃあやっぱり日常を描いた作品なんだ!それはそうかもしれませんが、それは私の言葉ではありません足りません。

f:id:Sebastianus:20161114224353j:plain

脱線してしまいましたので話を戻そうと思います。
すずちゃんは日常を受け止めきれていない感じがします。そんな中で、あんな大変な中で流され、その内に色々なものを抱えて、大切なもの失い、そんなすずちゃんがそれでも日々をなんとか生きているところに、私は胸がいっぱいになるのです。その日常を、あんなにも美しく繊細に時にコミカルに描いている映画だからこそ、私の胸は張り裂かれたのです。涙が流れないではいられなかった。もう感情が爆発してしまいました。
彼女は何度も実家に帰りたがります。新しい土地にどぎまぎし、生活になれるため決して上手ではないですがなんとかやっています。彼女は決してそんなに強くありません。いっぱい弱さがさらけ出されグチャグチャになっていたではないですか。
それでも明日は来る。酸いも甘いもあれよあれよと流れて20年8月15日の次の日には20年8月16日が来ました。
淡々と、その大切さと厳しさと、どうしようもなさを、美しくこれでもかというくらいに日常描写を素晴らしく描いた作品だったんじゃないか。私はそう思い返しています。
国破れて山河ありではありませんが、そういうことを、実に一人の北條すずという人間に絞って描いてみせた作品だったと思います。だからこそ、この作品はすごい。

すずちゃんは、そんな中で温もりや幸せを見つけ、自分のいる人生を決められたのは素直によかったなあと思います。
本当にいい、素晴らしい作品でした。ありがとうございます。

*1:もう本当に無茶苦茶かわいくて、あー結婚してー私が一緒に幸せになりてー朝ご飯作って欲しい!抱きしめて温もり感じたい!とか思うほど可愛いです優秀を超越して結婚です!能年玲奈さんはすごいな!

シンゴジラ感想 - 望んではいけない物語 -

あれは望んではいけない物語だ。

東京はもう限界を迎えている。江戸時代から何度も破壊されながら復活してきた日本の首都東京は現在限界に瀕している。東京オリンピックが決まる前からもう東京はいっぱいいっぱいになっていた。
そんな東京は壊さなければならない。壊されなければならない。そういう発想は色々な方々から上がってきている。石原元東京都知事東京オリンピックを推進したのはオリンピックの力をつかって東京を破壊し美しく再生させたかったという想いがあったのだろう。あれは分かりやすい東京を再生したい人の例だが、左右に関わらず、鉄道や首都高の混雑に地方の衰退を感じながら、そう考えている人は少なくないんじゃないか。

私もそんなことを考えていた学生だった。もう東京は限界だ、一度ぶっ壊されなければならない。東京には集まりすぎている、でも色々なものがごちゃごちゃしていてインクリメンタリズムではどーにもならないんじゃないか、ぶっ壊されなければと、若者らしい熱意と阿呆さで友達とそんなことを語っていたのを覚えている。
そんな矢先、3.11が起こった。
3.11について今更私が語ることもないだろう。そう、3.11があったのだ。
あの光景を見て私は、そんなことは望んじゃいけないんだって強く思った。これは私の体験である。

そしてシンゴジラである。
あそこには私や石原や色々な人がふと思っていたであろう東京を一度ぶっ壊して日本を再生させるんだ!ライジングサン!!という純朴なオタクの妄想がどかんとぶちまけられていた。庵野秀明という人間は本当に恐ろしい奴である。20年前にエヴァンゲリオンで多くの若者に、そして今日では多くのオジサンに。

神に限りなく近い怪物であるGodzillaが暴れ東京はメチャクチャとなり、老人が死に若いものが立ち上がり老人までも立ち上がり海外の仲間とも協力し荒ぶる神を鎮める。明日は困難が溢れているが、そこには絶望がなく未来が希望が待っている。日本はまだやれるという希望が描かれている。

そんなシンゴジラに描かれた希望へのプロセスは望んではいけない希望だ。私は断言する。
いつの時代も都市は破壊され人がたくさん死に、そこから再生がおこった。しかしである、しかし破壊を、しかも神による破壊を望んでいいものだろうか。私は断固拒否する。そんなものは望んではいけないと。それとも君は心の何処かで思っているだろうか、関東大震災か空から隕石が振ってきて東京がメチャクチャになってやり直せばいいと。ポジティにとれば、シンゴジラはそんなメッセージを我々に直球で投げつけてきた作品だったと思う。

東京を変えるのは容易ではない、映画内で描かれるようにそこには多くの思惑と利害関係と根回しと予算と理解と時間がいる。カリスマを持ったリーダーがいても日本橋の上から首都高を拭い去ることはできなかった。東京オリンピックが実現しても、それは不可能だった。だからこそ、関東大震災が、シンゴジラが必要になってくる!200万の特攻が、本土決戦が必要になってくるように!
君は私は本当にそんなことを望むのか?そんなおぞましい神が降臨することを我々は望んでしまっていいのだろうか。そんな安易な選択に身を投じて思考停止してしまっていいのだろうか?絶対にいけない。私はそう思う。

でも、そんなことを格好良く面白く映像にされてしまった!クソが!という思いと無人在来線爆弾さいこー京浜急行さいこう!ゴジラさいこー!というのが私のシンゴジラをみた大まかな感想です。

㐂寿司@人形町:鮨日記

人形町は㐂寿司に行ってきた。

言わずと知れた人形町の名店である。
夜は一人一万は少なくとも超える。

今回いただいたのは35k円のランチ(握りは35kと50kの二種類、ちらし寿司も同価格帯である)

まぐろ、平目、カツオ、スミイカホタテシマアジ穴子、玉子、かっぱ巻き
追加でコハダを頂いた。運がいいことに油井さんに握ってもらえた!!

まぐろは赤身で味が確りとして舌触りもいい
平目はちょっとかぼすを効かせさっぱり甘く
カツオは重くなく、しかしカツオの味がしっかり出ていていい
スミイカは、とろとろではなく、ちょっとぬちょっとして甘く
ホタテはぷりっとして甘く美味い
シマアジも脂が控えめで食べやすい
穴子はキレイに蒸してあって重くない
玉子はお上品なかんじ
カッパ巻きも上品

コハダはもう最高だった、冷たすぎず〆もそこそこだけどしっかり脂が乗り最高゚゚*。最 (*゚д゚*) 高。*゚美味しかった。もう一貫食べたかった

㐂寿司は総じて高いレベルで上品にまとまった江戸東京の鮨が頂ける寿司屋であると思う。
ネタは冷えているが冷たいわけではなく大き過ぎもしない、脂身での誤魔化しもない、シャリはそこそこの硬さを残しつつ古米を使って味を出しているっぽい。たぶんあれは新米じゃない。
いい意味で万人受けするレベルの高い鮨だ。とても食べやすいお寿司だ。(これが築地のシャンパンと鮨を出す店とかになるとネタが冷た過ぎで喉越し味わうというか、そういう鮨になったりするが、こちらはそんなことはない)
そう、とても食べやすい鮨だ。とてもいいバランスでまとまっている。

これで税込み46k円程度なのでCPはたかい!

夏が終わったんだ

今晩食べた寿司がとても美味しかったので、これからちょっとだけオジサンの話をしよう

私は世間一般で言われる社会人つまりはビジネスパーソンとなり、お金をもらって自活して生きているオジサンだ。
これでもオジサンは若い頃は熱意や希望に溢れる日々を送っていたが、今じゃご覧の有様だ。
その今の生活に不満かっていうとそんなことはない。週休二日制で有給も取りやすく残業時間も少ない今の職場にはある程度満足している。稼いだお金で寿司を食い珈琲やお茶を飲み、休日には登山や旅行にでかける。とてもとても充実した生活を謳歌できていると思う。別に青春小説によく出てくる決まり文句のように何か自分を騙していたり人生に疑問を持っているわけじゃない―そういう青臭い魂はすでに十分発酵され落ち着いた漬物になっている。
そうじゃない、そうじゃないんだ。わからないかな、この背中に張り付いた違和感?夜中にグールドを聞いても寿司を食べても最高の東方美人を飲んでも恋人とデートして焼き肉食ってセックスしても抜け落ちないこの存在。あの日々を

夏が過ぎ去ったんだと思う。僕の人生の夏はもう終わった。そりゃあそうだ私はもう30代のオジサンだし
夏が終わったんだ、そうだ、その表現はしっくりくるぞお前!good boy!!
高校生の浪人生の大学生の大学院生の頃の私は真っ赤に燃えていた。燃える太陽だった。恋の季節だった。夏だったんだと思う。
太陽のように多くを見下し、色々なものに憤り熱くなり燃えて燃えて熱を言葉にして力にして動力源にしてまた燃えていた。本を読み勉強をし人と会話し食ってかかりボランティアしたり政治に参加したり文章を書いて恋をしてセックスしてオシャレして飯も食わずに100円の珈琲で一晩中話をしていたあの頃の僕は燃えていた。何かわからないものに抗って、敵を見つけて攻撃しないではいられなかった。真っ赤な顔の天狗みたいに鼻を高くして怒っていた。
頭が悪かった勉強もできなかった、阿呆であった稚拙だし間違っているし愚かで馬鹿であった。だけでも熱く太陽のように熱く燃えて刺していた。元気いっぱいちんちんだった。

夏が来ない、もう夏はきっと来ない。人生をそれなりに頑張っているんだけど、もう絶対に来ない。もう僕に夏は訪れないんだろう。それは別段、悲しんだり悔やんだり大袈裟に悲劇的に騒ぎ立てることじゃない。

きっと今の私は今までの人生でかなり充実していると思う、なぜなら自由になる小銭が増えたからだ。どちらかといえば春だ。ぽかぽかと懐も心も暖かい。
だけど、間違いなく熱は消えてしまった。全てを焼き尽くしたくて仕方がなかった熱は冷めた。確実に今私からは多くの熱が消えてしまった。本を読む量も激減したしTwitterのポスト数もへった。なにより文章を書かなくなった。私はブログを書く方じゃないけど、文章はいっぱい書いていた。いまは会社で毎日メールを描くばかりで、なにか自分の内からこみ上げてくるものに従ってアウトプットすることがなくなってしまった。いまも勢いと金曜夜と寿司の力に頼ってこんな愚痴を吐露するのがやっとである。これが今のオジサンに出来る精一杯のうんこ。

今の自分に違和感があるか―答えはまだちょっとだけアグリーだ。新しく履いた靴に慣れてないんだと思う
価値観が変わった、人生が変わった、生活が変わった、まあ色々言えるし考えられると思う。ただ事実ベースで書くと今の私にとっても最高のソリューションは寿司だし珈琲だし登山に変わったってだけなのかもしれない。そのあたりの価値判断を無粋にすることはまだ辞めておこうと思う。ここまで今の私の心境を吐露できたのが驚きである。やはり寿司は人生の最高のソリューションだ。

第一回 江東茶会記録

第一回の茶会で飲んだ茶などの記録

白茶 孟海白毫(雲南
 繊細だが香り立つお茶、後味に確かに感じられる甘みが格別。ポットの香りはとても濃厚で5月の山のように芳醇な草土の香りがした

東方美人
 青茶らしいダージリンとは一線を画する口の中でまろやかに溶ける味。温度は気持ち紅茶より低めのがよりまろやかになり美味しい。

紅茶 狭山2nd ふくみどり 2015
 サツマイモの香りの味がする紅茶、おどろいた。こういう紅茶があるのかと、渋みもそれほどなく紅茶の味もちゃんとしている面白い紅茶

水だし珈琲 マンデリン/ブルーバタック
 口直し的に、薄目で作った

紅茶 ルフナ ルンビニ農園 extra special
 驚きを禁じ得ない。ルフナは繊細で雑味や苦味のない紅茶として人気でおいしいが、この紅茶はトマトやスイカといった野菜のフレッシュな香りのする紅茶だった。面白い本当に面白く美味しいお茶だった。

コピ・ルアック
 香りが飛んでしまっていたなあ

「おかし」
 福どらのドラ焼き、ドラ焼きの中に果実がそのままドーンと入ってる。これは女の子受けの良い美味しいお菓子だわ

総じて紅茶も中国茶も美味しく煎れることが出来たと思う。
またダージリンなどを共有できたらいい

江東茶会(仮)立ち上げ

人生には潤いが必要だとよく人は言う。
確かにその通りで人は水なくしては生きていけない。労働という荒野とグローバルという海を渡る我々ビジネスパーソンにとって水分の確保は大航海時代の船乗り達と同様に生き残る上で欠かすことの出来ない潤いである。

そう、我々は常に潤いを求めている。
だからこそ東京という砂漠には酒や珈琲がこんなにも溢れている!

しかしその一方で、お茶の専門的の数は少ない、残念ながら決して多くはない。
これだけペットボトル入りのお茶が権勢を奮っていながら本格的なお茶を楽しめる空間が限られているのだ。お茶を気軽に楽しみたくても余計なコストがかかりすぎるのだ。
そこで私はそんな空間がないのなら自分で作ってみるのもありではないかと思い、ここに江東茶会(仮)なるサークルを立ち上げることにした。

自分で喫茶店は開けないけどティーパーティならできるんじゃね?という発想の元、お茶や人や潤いを求める渇いた人達とお茶の飲み比べや茶葉のシェアができたらいいと思っている。

イリュージョニスト感想

イリュージョニスト
わざわざ私が改めてレビューを書くこともない名作である。
「僕のオジサン」で有名なジャック・タチ監督が生前書き残した脚本を元に
ベルヴィル・ランデブー」のシルヴァン・ショメ監督による映画作品である。

映像・音楽・物語
どれをとっても素晴らしき作品なので鑑賞を薦めたい作品だ、ちょうどお正月休みに退屈な時間でできてしまうでしょうし

この作品中で私が特に感じ入ったのが「イリュージョニスト」というタイトルが示す言葉の通り、幻影・幻想の使われ方だ。コミュニケーションにおける媒体としての幻想の使われ方が印象的だった。

ネタバレなのを憚らず言ってしまえば、この作品は幻影に囚われることの、人によっては虚しさと別の人にとっては希望を描いている。
1959年、主人公のイリュージョニストスコットランドの田舎町でとある少女と出会う。
彼は人のいい人物である―お人好しといってもいい、舞台の上でなくとも誰にでも手品を披露しささやかな喜びを生み出し見出す。その日常の内のことだったのだろう、彼は彼女にも手品を披露する―赤いくつをプレゼントした。
 彼は彼女に亡くした娘の幻想を重ねてしまった。イリュージョニストがイリュージョンにかかってしまったのだ。
それからの彼は彼女の我が儘をきき彼女の求める都会的な洋服などを買い与え、彼女はあどけない田舎娘から立派な今どきの都市の香りのする女の子へと姿を変えていく。そして、都市の男とデートし雨の中キスをするまでになる。彼は居場所のなくなった都市を後にし、彼女はテレビのある都会に男と残ることになった。

 あらすじはこんなところだろう*1
彼女はイリュージョニストと出会い、彼を童話に出てくる様な魔法使いという幻想を見る―それはあたかも幼子が父をなんでもできるスーパマンなんだと思ってしまうように。
 彼はそんな幻想に応えようと慣れないだろう仕事までして、彼女に魔法で服を買い与える。彼は彼女の抱く自分への幻想と自分が囚われてしまった幻想、彼女は娘で私は父であるという幻想をこなそうとしている、そんな風に私には思えた。
 しかし、この物語はなにか特別なことを語ろうとしているのではなく、ごくごくありきたりな父と娘の風景であると言える。なんでも生み出せるパパと、そんな娘の期待に頑張って応えようと頑張るパパというのは理想的でありきたりな関係であると言えるのではないか。
 それがこの作品の面白くなんとも魅力的なところなのだと思う。この二人はイリュージョンで結ばれた関係である。互いが互いに別の誰かを見出しつつ関係を維持している。それはちょっと歪だし、彼女の奔放さや無知に視聴者はイライラさせられてりもするだろう。
でもだけど、そういった関係性というのは、ごくごくありきたりな親子関係であって、親子関係というのはそういった幻想によって関係が成り立っているのかもしれない。

 彼は帽子を売り、相棒を野に放ち、最期に電車内で少女に対して魔法を使うのではなく手品を使った。イリュージョニストは自らかけた魔法から目を覚まして、どこいいくのだろうか。それはまた別の話なのだろう

*1:この作品の中では古い幻想と新しい幻想として手品や腹話術とロックンロールやテレビが対照的に扱われている。そして人々は古い幻想には魅力を感じることなく、古い幻想が追いやられていく様が描かれている。のだが、これは「ぼくの伯父さん」にも現れることで、私には主題とは思えなかった