「無敵の人」って概念を作り、レッテルを貼り排除を正当化するのには反対です

オタクとは別に無敵の人って概念を作って、僕たちとは違う危なくてリスクのある存在だ!って排除を始め壁を築くの本当によくないと思う。
あたらしいステレオタイプを作りスケープ・ゴートにして火炙りにして排除して壁を作り断絶を生むのは社会に不理解と不安と不和と潜在的なリスクを生み出す。なにより弱い一般市民の間にまでいらない階級・階層を作って下の者を作って差別して攻撃・廃絶するのは危険である。あまりに健全ではない。ここは昔のルワンダじゃないし、対立と怨嗟を生み出す新しいフツ族ツチ族を創作するのには反対だ。便利な「無敵の人」って概念を作って嬉々として排除するのは危険だ。
やっかいな人がいるとして、その人に誠実に対応しろというわけではない。そういった人たちに関わるのはリスクがあるし時間の無駄になるし、せっかくのオフタイムにわざわざストレスを溜めることもないと思う。

ただ、今回のインターネットの人の殺人を起こしたような人たちを無敵の人≒金がなくモテなく仕事も泣く失うものがない人の起こした事件だとし、そういった人たちに関わるな、壁を作り排除しようというのは、私は間違っている選択だと思うし、危険な発想であり危なく便利な概念の発明だと思う。
(どうやら「無敵の人」って概念をつくったのは2ch創設者のひろゆきらしい。)

しかしその一方で事実として街なかで騒いだり酔っ払ったり妙に絡んでくるオジサンやオバサンや若者には関わらないほうがいいというのはある。私も電車内で人に絡んでいる方に注意したら大変な目にあったことがあるので、それは残念ながら日常を送る上では納得できる判断だと思う。正義感や好奇心は猫も人も殺す。

それと同じように、危ないオジサンやオバサンには(若者にも)インターネットの中でも関わらない方がいいという意見には賛同できてしまう自分がいる。そしてまたそれは実生活を営む上では、至極まっとうな個人が心穏やかに幸せに過ごすための処理だと思う。

感情の赴くままに書いて支離滅裂であるが、私は「リスクや危険を避ける」こと自体には反対ではないし、またそういった判断をすること自体にも反対はしない。
しかし「無敵の人」という便利な概念を創作して、それを使ってレッテルを貼り差別排除することの正当性を作って、そういった人たちを嘲笑い無視し排除し理解を拒み断絶を作り出すことに私は反対だ。
排除し無視して理解を拒むことは社会により危険は溝を生み出し、より一層のリスクと不和をもたらすことになる。そしてその行き着く先は歴史を見れば明らかで-ジェノサイドやテロの温床だ。

だから私は以下のようなブログの文章には断固として反対したいという表明を自分自身に残しておきたく書いてしまった。
インターネットの「無敵の人」から身を守る方法 - 俺の遺言を聴いてほしい

怒っていたり騒いだりしている人を助けろとか注意しろとかケアしろとは言わない、でも差別的な概念でもって嬉々として排除をすることだけには加担しないで欲しい。オタクやインターネットの人としていわれなき差別や嘲笑を受けた者として、そういう人達を無駄に生み出すのだけはやめて欲しい。弱い者たちが更に弱い者たちを叩くのは止めようよ。

武蔵野珈琲店@吉祥寺

喫茶店が大好きで、もっと素直に喫茶店について語りたい

喫茶店はデートしたりお出かけしたりした中で立ち寄ったり休んだりするための場所であって、喫茶店が目的になることはあまりない、そういう人のが多いだろうし、喫茶店の使われ方としてそれはとても健全であると思う。もっとそういうふうに喫茶店をいっぱいいっぱい使って喫茶店にお金を落として欲しい。
でも喫茶店に行くことが目的で、その喫茶店に行くためにその駅にわざわざ訪れるという人もいる。私の日々の中では、喫茶店に訪れることが目的である場合が多い。喫茶店のために電車にのって歩いて町に行って、そのついでにその町を散策したり買い物したり。
そんな私が初めて喫茶店に行くことが目的で行った喫茶店が吉祥寺にある武蔵野珈琲店だ。もう10年以上前になる。
浪人生の頃に珈琲を飲み始めて都内の大学にようやく合格し珈琲というものへの関心が高まっていた頃、インターネットのどこかで「この都内の喫茶店がおいしい」みたいなスレかなんかがあって、そこに大坊や南方郵便機(調布)やアンセーニュダングルに武蔵野珈琲店の名前があがっていた。その頃はまだ豆なんてスーパーで売ってるKEY COFFEEとかUCCのを飲んでいてコダワリとか全くなかったのだけど、行ったことのない吉祥寺駅という場所と馬場まで定期もあるし、美味しいという喫茶店に行ってみるかと思い立ってんだ*1
f:id:Sebastianus:20171112141923j:plain
お店について通されたのは昼間で空いていたのもあって窓際のサンルームみたたいな座席、そこで何を注文したらいいか分からないしお金もないのでブレンドを注文した。
当時は本当にドキドキと緊張していたんだと思う。はじめての町だし行ったことのないお店に一人だし、地図もプリントしてきたものだけだしね。どんな服を着ていったのかも覚えてないけど、こんな酸味のない甘く濃厚な珈琲があるんだって本当に驚いたのは覚えている。
そう武蔵野珈琲店の珈琲はアンセーニュダングルと同じタイプで、珈琲の味はオールドビーンズの深煎り豆を使ったネルドリップのそれなんだ*2
何度も言うけど本当に美味しくって、こんな美味しい珈琲があるんだって、勉強中の頭痛を緩和するためじゃなくって、こんな味わい深くて濃厚でいい香りで美味しい飲み物が珈琲なんだって、私に初めて教えてくれたのは武蔵野珈琲店の珈琲だと思う。私にとって珈琲の初体験と呼べるものはもしかしたらここだったのかもしれないし珈琲の味に夢中になって恋して今でも珈琲を愛して喫茶店が大好きなのも、その始まりはここだったのかもしれない。ちょっと大袈裟にいってるところあるけど。
それから、この出会いから、私は色々と美味しい珈琲を求めて喫茶店や色々な豆を試すようになったのは間違いなくって大坊とかアンセーニュダングルとかランブルとかバッハとか行くようになった。*3
f:id:Sebastianus:20171112141350j:plain
いつもの癖でちょっと大仰に書いてしまっているけど、武蔵野珈琲店は二階にあって大きな西向きの窓から西日が差し込んで奥の部屋の暗さと窓際の明るさのグラデーションが絵に描いたような店内も素敵です。

f:id:Sebastianus:20171112141835j:plain
オススメのメニューはウィナーコーヒーやコーヒーゼリーで、ここの生クリームを初めて食べた時はこんな生クリーム食べたことない!って当時付き合っていた恋人が跳ね上がったのを思い出します。そんな私にとって色々な思い出の詰まった喫茶店がここ武蔵野珈琲店なのです。吉祥寺に用事があった際は、是非とも足を運んでここの珈琲を雰囲気を楽しんで下さい。

*1:当時横浜に住んでいた私にとって吉祥寺は本当に遠い町だったし、特に用事もない町であった。住みたい町No.1とかに選ばれていたけど横浜より優れているとも思えなかったしね

*2:まー武蔵野珈琲店のマスターはアンセーニュダングルで以前店長をしていたらしいので、メニューや味が似ているのは当然である。

*3:そう、最初の頃の私は喫茶店の雰囲気とかじゃなくって、他のものはどーでもよくって美味しい、珈琲こそ至高!って思想で何よりも珈琲の味を追い求めていたな。雰囲気とかのんびりできるといった喫茶店の価値には目もくれず一流のマスターがいれる最高の珈琲を求めているのが学生時代の私でした。

喫茶店の話@アンセーニュ・ダングル

喫茶店のよさを何にたとえて伝えようか。
何かにたとえる必要などなく、ここには喫茶店の素晴らしさが全てつまっている。

日本の数ある喫茶店の中でも指折りの喫茶店
私が日本で一番愛着のある喫茶店がここ、アンセーニュ・ダングルだ。
f:id:Sebastianus:20171118160635j:plain

君が喫茶店に求めるものはなんだろう。想像してみて欲しい。
恐らくそれは、ここにある。
君が望むもの全てじゃなくても、君が臨んだ喫茶店はここにある。
少なくとも私はそうだし、君にとってもそうであると思う。

語ることを放棄するのは簡単だから放棄するので
何よりもまずアンセーニュ・ダングルにいって一時を過ごして欲しい。
コーヒを飲むのでもいい、勉強するのでもいい、友人や恋人と語らい合うのでもいい
そうすればきっときっと、このお店の素晴らしさや喫茶店の魅力それ自体に気づいてもらえるだろう。
このお店に来てよかったと

f:id:Sebastianus:20171118143644j:plain

私がこの喫茶店を知ったのはもう10年以上前になるけれど、
その頃からこのお店は完成されていたし、10年経った今でも変わらずあり続けてくれる。
f:id:Sebastianus:20161210152529j:plain
珈琲の味は重く苦い、マスターが一杯ずつ丁寧にドリップしてくれるので、できればマンデリンとかを注文してみて欲しい。
豆はオールドビーンズを使っておりフレンチローストのネルドリップなので
ここの珈琲の味が合わない人もいるだろう。
でも、大丈夫
アンセーニュ・ダングルには最高のウインナーコーヒーやカフェ・クレームがあって、
このお店の生クリームは本当に最高だから(アイスなら琥珀の女王が最高!!)
お腹に余裕があったら是非ともクロックムッシュも試して欲しい、これがまたたまらなく美味しいのだ。
f:id:Sebastianus:20170702115407j:plain
この記事を書き終わって私が君にアンセーニュ・ダングルを紹介できること、それ自体が歓びだと気付いた。

喫茶店の話@ BROWN SOUND COFFEE

BROWN SOUND COFFEE @津田沼
http://brownsoundcoffee.com/

喫茶店のよさを何にたとえて伝えようか。

喫茶店とは雰囲気や空気に、ゆったりとした時間に身を委ねられる空間だ

f:id:Sebastianus:20171111163724j:plain

住宅街にトンと現れる新しい匂いのするカフェ
アパートの一階を改装してつくったお店は明るく温かみがあった。

お店の雰囲気は写真からも分かるようにサードウェーブっぽさがあるが、オシャレでありながらもどこか温かみがある。コーヒーはドリップからエスプレッソで入れられたカフェ・ラテまであり、試しにハンドドリップのエチオピアを注文したが、ちゃんと美味しいエチオピアがなみなみと出てきた。食器はアメリカのFIESTAっぽさがあり、ドリップコーヒーの味もアメリカンっぽいさっぱりとした味わい。食物はマフィンやワッフルもあるが、メインはパニーニで、これが結構いける。
ここもお客さんは若い男性やらカップルから犬を連れた近所のおばちゃんまで思い思いの週末のひとときを過ごしている。恋人と一緒にいたからかもしれないけど本当にいい時間が流れていた。
f:id:Sebastianus:20171111173417j:plain


昨日は下町の昔からある喫茶店と新開発がすすむ住宅街の新しいカフェという対照的な喫茶店(カフェ)に訪れてみた。
どちらも喫茶店として、街なかにある喫茶店としてとても素直さがある。素敵なお店だ。
席の幅がゆったりしているとか、明かりがほどよく暗く落ち着けるとか、飲み物に食物がおいしく個性がある、トイレがきれい、いろいろ大切なポイントはあるのだけど、ゆっくり力を抜いて好きな時間を過ごせる温かい場所である点が両店とも共通しているし、そこが優れた気持ちがいい喫茶店と感じる所以なんだろう。
こういう喫茶店にいることに、私はよろこびを幸せを感じる。

喫茶店の話@デンキヤホール

喫茶店のよさを何にたとえて伝えようか。

デンキヤホール@浅草
http://senzokudori.com/?page_id=269

f:id:Sebastianus:20171111121508j:plain

喫茶店とは自宅だ。

浅草の千束通り商店街にあるデンキヤホール、ここは喫茶店のよさがある。
喫茶店と一言にまとめられても、それには色々なお店があって、そこには色々なよさがあ。だけど、そんな中の一つの良さを手っ取り早く知りたかったら訪れてみると分かるのが、浅草にあるデンキヤホールだ。ここには喫茶店がもつよさが何年も前から染み付いている。

もう今じゃ上島珈琲店がやっちゃって輝きが鈍ってしまったけど、10年ほど前にここでアイスコーヒーを頼むと銅のカップにいれて出してくれるのが好きでアイスコーヒーを注文していた。その頃も脱衣麻雀のゲーム台がテーブルとして使われていて驚いたけど、まだ脱衣麻雀台が残っていたのは本当に嬉しかった(Playはもう出来なくなってる)。
f:id:Sebastianus:20171111130326j:plain
ここの名物はもう食べログで色々と語れているんだけど、お店に行くと地元の人も観光客もオム焼きそばを注文していてとても微笑ましいく、若い人からご年配の方まで思い思いの過ごし方をしている。

おしゃべりをする人、勉強をする人、お昼ごはん食べに来た人、競馬新聞を広げている人
コーヒーの味は美味しい!!というわけではないけど、おばちゃんの会話の傍らで勉強したり本を読んでゆっくりできる。
f:id:Sebastianus:20171111121129j:plain
決してモダンでもおしゃれでも洗練されているわけではないけど、ゆっくりとできる街の喫茶店だ。こういうお店が日本の喫茶店の一つなんだよとそっと語りかけてくるお店だ。
f:id:Sebastianus:20171111130936j:plain

映画『この世界の片隅に』の感想

自分なりに、なんでこんなに胸が締め付けられたのか思い出してみました。
すずちゃんは作品の主人公になるだけあって、とても魅力的な人間です*1。この人は私のような人間からした特に主体性もなくただ流されるように生きて、そうした日々のなかで幸せを拾い取って生きています。「この世界の片隅に、うちを見つけくれてありがとう」という言葉には、そんなすずの一面が端的に表されている気がします。
この、北條すずという人は特段強くもありません、超然とも逞しくも神々しくもありません。つよい女性ヒロインではないんじゃないでしょうか。少なくとも尊いような存在でもなければヒーロや憧れのヒロインでもありません。
そもそも、この作品にはほとんど強く逞しく人が出てきません。でも、弱い人達の話かというと、そういうわけではありません。それはちょっと違う。
じゃあやっぱり日常を描いた作品なんだ!それはそうかもしれませんが、それは私の言葉ではありません足りません。

f:id:Sebastianus:20161114224353j:plain

脱線してしまいましたので話を戻そうと思います。
すずちゃんは日常を受け止めきれていない感じがします。そんな中で、あんな大変な中で流され、その内に色々なものを抱えて、大切なもの失い、そんなすずちゃんがそれでも日々をなんとか生きているところに、私は胸がいっぱいになるのです。その日常を、あんなにも美しく繊細に時にコミカルに描いている映画だからこそ、私の胸は張り裂かれたのです。涙が流れないではいられなかった。もう感情が爆発してしまいました。
彼女は何度も実家に帰りたがります。新しい土地にどぎまぎし、生活になれるため決して上手ではないですがなんとかやっています。彼女は決してそんなに強くありません。いっぱい弱さがさらけ出されグチャグチャになっていたではないですか。
それでも明日は来る。酸いも甘いもあれよあれよと流れて20年8月15日の次の日には20年8月16日が来ました。
淡々と、その大切さと厳しさと、どうしようもなさを、美しくこれでもかというくらいに日常描写を素晴らしく描いた作品だったんじゃないか。私はそう思い返しています。
国破れて山河ありではありませんが、そういうことを、実に一人の北條すずという人間に絞って描いてみせた作品だったと思います。だからこそ、この作品はすごい。

すずちゃんは、そんな中で温もりや幸せを見つけ、自分のいる人生を決められたのは素直によかったなあと思います。
本当にいい、素晴らしい作品でした。ありがとうございます。

*1:もう本当に無茶苦茶かわいくて、あー結婚してー私が一緒に幸せになりてー朝ご飯作って欲しい!抱きしめて温もり感じたい!とか思うほど可愛いです優秀を超越して結婚です!能年玲奈さんはすごいな!

シンゴジラ感想 - 望んではいけない物語 -

あれは望んではいけない物語だ。

東京はもう限界を迎えている。江戸時代から何度も破壊されながら復活してきた日本の首都東京は現在限界に瀕している。東京オリンピックが決まる前からもう東京はいっぱいいっぱいになっていた。
そんな東京は壊さなければならない。壊されなければならない。そういう発想は色々な方々から上がってきている。石原元東京都知事東京オリンピックを推進したのはオリンピックの力をつかって東京を破壊し美しく再生させたかったという想いがあったのだろう。あれは分かりやすい東京を再生したい人の例だが、左右に関わらず、鉄道や首都高の混雑に地方の衰退を感じながら、そう考えている人は少なくないんじゃないか。

私もそんなことを考えていた学生だった。もう東京は限界だ、一度ぶっ壊されなければならない。東京には集まりすぎている、でも色々なものがごちゃごちゃしていてインクリメンタリズムではどーにもならないんじゃないか、ぶっ壊されなければと、若者らしい熱意と阿呆さで友達とそんなことを語っていたのを覚えている。
そんな矢先、3.11が起こった。
3.11について今更私が語ることもないだろう。そう、3.11があったのだ。
あの光景を見て私は、そんなことは望んじゃいけないんだって強く思った。これは私の体験である。

そしてシンゴジラである。
あそこには私や石原や色々な人がふと思っていたであろう東京を一度ぶっ壊して日本を再生させるんだ!ライジングサン!!という純朴なオタクの妄想がどかんとぶちまけられていた。庵野秀明という人間は本当に恐ろしい奴である。20年前にエヴァンゲリオンで多くの若者に、そして今日では多くのオジサンに。

神に限りなく近い怪物であるGodzillaが暴れ東京はメチャクチャとなり、老人が死に若いものが立ち上がり老人までも立ち上がり海外の仲間とも協力し荒ぶる神を鎮める。明日は困難が溢れているが、そこには絶望がなく未来が希望が待っている。日本はまだやれるという希望が描かれている。

そんなシンゴジラに描かれた希望へのプロセスは望んではいけない希望だ。私は断言する。
いつの時代も都市は破壊され人がたくさん死に、そこから再生がおこった。しかしである、しかし破壊を、しかも神による破壊を望んでいいものだろうか。私は断固拒否する。そんなものは望んではいけないと。それとも君は心の何処かで思っているだろうか、関東大震災か空から隕石が振ってきて東京がメチャクチャになってやり直せばいいと。ポジティにとれば、シンゴジラはそんなメッセージを我々に直球で投げつけてきた作品だったと思う。

東京を変えるのは容易ではない、映画内で描かれるようにそこには多くの思惑と利害関係と根回しと予算と理解と時間がいる。カリスマを持ったリーダーがいても日本橋の上から首都高を拭い去ることはできなかった。東京オリンピックが実現しても、それは不可能だった。だからこそ、関東大震災が、シンゴジラが必要になってくる!200万の特攻が、本土決戦が必要になってくるように!
君は私は本当にそんなことを望むのか?そんなおぞましい神が降臨することを我々は望んでしまっていいのだろうか。そんな安易な選択に身を投じて思考停止してしまっていいのだろうか?絶対にいけない。私はそう思う。

でも、そんなことを格好良く面白く映像にされてしまった!クソが!という思いと無人在来線爆弾さいこー京浜急行さいこう!ゴジラさいこー!というのが私のシンゴジラをみた大まかな感想です。