夏が終わったんだ

今晩食べた寿司がとても美味しかったので、これからちょっとだけオジサンの話をしよう

私は世間一般で言われる社会人つまりはビジネスパーソンとなり、お金をもらって自活して生きているオジサンだ。
これでもオジサンは若い頃は熱意や希望に溢れる日々を送っていたが、今じゃご覧の有様だ。
その今の生活に不満かっていうとそんなことはない。週休二日制で有給も取りやすく残業時間も少ない今の職場にはある程度満足している。稼いだお金で寿司を食い珈琲やお茶を飲み、休日には登山や旅行にでかける。とてもとても充実した生活を謳歌できていると思う。別に青春小説によく出てくる決まり文句のように何か自分を騙していたり人生に疑問を持っているわけじゃない―そういう青臭い魂はすでに十分発酵され落ち着いた漬物になっている。
そうじゃない、そうじゃないんだ。わからないかな、この背中に張り付いた違和感?夜中にグールドを聞いても寿司を食べても最高の東方美人を飲んでも恋人とデートして焼き肉食ってセックスしても抜け落ちないこの存在。あの日々を

夏が過ぎ去ったんだと思う。僕の人生の夏はもう終わった。そりゃあそうだ私はもう30代のオジサンだし
夏が終わったんだ、そうだ、その表現はしっくりくるぞお前!good boy!!
高校生の浪人生の大学生の大学院生の頃の私は真っ赤に燃えていた。燃える太陽だった。恋の季節だった。夏だったんだと思う。
太陽のように多くを見下し、色々なものに憤り熱くなり燃えて燃えて熱を言葉にして力にして動力源にしてまた燃えていた。本を読み勉強をし人と会話し食ってかかりボランティアしたり政治に参加したり文章を書いて恋をしてセックスしてオシャレして飯も食わずに100円の珈琲で一晩中話をしていたあの頃の僕は燃えていた。何かわからないものに抗って、敵を見つけて攻撃しないではいられなかった。真っ赤な顔の天狗みたいに鼻を高くして怒っていた。
頭が悪かった勉強もできなかった、阿呆であった稚拙だし間違っているし愚かで馬鹿であった。だけでも熱く太陽のように熱く燃えて刺していた。元気いっぱいちんちんだった。

夏が来ない、もう夏はきっと来ない。人生をそれなりに頑張っているんだけど、もう絶対に来ない。もう僕に夏は訪れないんだろう。それは別段、悲しんだり悔やんだり大袈裟に悲劇的に騒ぎ立てることじゃない。

きっと今の私は今までの人生でかなり充実していると思う、なぜなら自由になる小銭が増えたからだ。どちらかといえば春だ。ぽかぽかと懐も心も暖かい。
だけど、間違いなく熱は消えてしまった。全てを焼き尽くしたくて仕方がなかった熱は冷めた。確実に今私からは多くの熱が消えてしまった。本を読む量も激減したしTwitterのポスト数もへった。なにより文章を書かなくなった。私はブログを書く方じゃないけど、文章はいっぱい書いていた。いまは会社で毎日メールを描くばかりで、なにか自分の内からこみ上げてくるものに従ってアウトプットすることがなくなってしまった。いまも勢いと金曜夜と寿司の力に頼ってこんな愚痴を吐露するのがやっとである。これが今のオジサンに出来る精一杯のうんこ。

今の自分に違和感があるか―答えはまだちょっとだけアグリーだ。新しく履いた靴に慣れてないんだと思う
価値観が変わった、人生が変わった、生活が変わった、まあ色々言えるし考えられると思う。ただ事実ベースで書くと今の私にとっても最高のソリューションは寿司だし珈琲だし登山に変わったってだけなのかもしれない。そのあたりの価値判断を無粋にすることはまだ辞めておこうと思う。ここまで今の私の心境を吐露できたのが驚きである。やはり寿司は人生の最高のソリューションだ。